Gallery :: Monochrome Digital




Hong Kong 2017 #11

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Lamma Island

Hong Kong 2017 #10

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Lamma Island

Hong Kong 2017 #9

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Lamma Island

Hong Kong 2017 #8

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Victoria Harbour - Star Ferry, Tsim Sha Tsui

Hong Kong 2017 #7

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Central

Hong Kong 2017 #6

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Central

Hong Kong 2017 #5

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Central

Hong Kong 2017 #4

Leica M Monochrom + Tri-Elmar 16-18-21mm F4
2017.05 / Yick Cheong Buildings - Quarry Bay

Hong Kong 2017 #3

Leica M Monochrom + Tri-Elmar 16-18-21mm F4
2017.05 / Notrh Point

Hong Kong 2017 #2

Leica M Monochrom + Tri-Elmar 16-18-21mm F4
2017.05 / North Point

Hong Kong 2017 #1

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Sheung Wan

untitled #487

Leica M Monochrom + Carl Zeiss T* Hologon 16mm F8
2017.05 / Musashi Urawa Station

ホロゴン(CONTAX G用をMマウントに移植)。歪曲なくて、超広角なのに硬さのない描写で、実に気持ちいい写りなのだけども、F8固定はやはり使いにくい。でも、このレンズはそこがいいんだろうな。


Tokyo #718

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.04 / Nihonbashi

Tokyo #717

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.04 / Nihonbashi

Tokyo #716

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.04 / Nihonbashi

Tokyo #715

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Shibuya

Tokyo #714

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Harajuku Station

週末の原宿駅。なんかイベントでもあったんですか?っていうくらい人で溢れてました。できれば近づきたくない。でも人の多いところで写真を撮るのは楽しい。若いっていいなあ。


Tokyo #713

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Shibuya

週末は嫁さんと渋谷・Bunkamuraで開催中の『ソール・ライター展』へ。画のインパクトに頼らない、でも洗練されたフレーミングのスナップたち。1950〜60年代のニューヨークはまだ低層の建物もたくさんあって、今とは違う雰囲気でした。俺も傘の写真を撮りたくなりました。Instagramにある「#ソールフォト」のハッシュタグもなかなかよい感じ。みなさんお上手。


Tokyo #712

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Shibuya

去年復刻された赤ズマロン。コーティングが現代的になると撮れる写真も意外と現代的に。モノクロで撮るなら、オールドの赤ズマロンの方がいいけど、カラーで撮ったり、逆光も気にせず撮るなら現行がいいかもね。開放F5.6は感度を自由に上げられる現代こそ活きるのかも。


untitled #486

Leica M Monochrom + Voigtlander Ultra Wide-Heriar 12mm F5.6 Aspherical
2017.05 / Higashi Urawa

この数年、35mmと50mmと75/85mmあたりの長いレンズばかり使ってきた反動か、超広角レンズが絶賛増殖中(数えてみれば今年に入って7〜8本?)。お陰で持ち出す機会も増え、超広角レンズが楽しくなってまいりました。写真は現行は3代目となったウルヘリの初代Lマウント版。こういうレンズは小さいのがいいと、程度のいい手頃なものを見つけたので購入。距離計非連動ですが、まあ目測ですから問題ありません。小さく軽く、ブラックペイントの塗装がかっこいいです(写真と関係がない)。ファインダーだけは付属品が大きすぎるので、現行用のがほしいなあと物色中。EVFの方が正確なフレーミングはできますが、こういうレンズは撮る勢いこそ大事かなあと思ったり。