Gallery :: x FUJIFILM X-T1 + FUJIIFLM X Mount Lens




Yamanashi #39

Leica M Monochrom + FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R
2016.04 / Yamanakako Village

forest #17

Leica M Monochrom + FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R
2016.04 / Aokigahara Forest

森へ行こう。


forest #18

Leica M Monochrom + FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R
2016.04 / Aokigahara Forest

森へ行こう。


forest #19

FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R
2016.04 / Aokigahara Forest

森へ行こう。


forest #20

FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R
2016.04 / Awa Kamogawa

森へ行こう。


Yokohama #60

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Yokohama International Passenger Terminal, Yokohama

Tokyo #674

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.06 / Haneda Airport - International Flight Passenger Terminal

untitled #448

FUJIFILM X-T1 + XF56mm F1.2 R
2016.04 / Numazu Port, Numazu

untitled #449

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.06 / My Monster 1000S ie - Hakone

ということで、XL883Rをドナドナして今度はDucati Monster 1000S ieがやってきました。乗り換えたいちばんの理由は、新東名で流れに乗れるぐらいの高速巡航が不足なくできること。883もアクセル開ければ140km/hぐらいは難なく出ますが、巡航するんだと現実的には110km/hぐらいまで。それ以上はただ苦痛。長距離の高速移動が多くなりがちなロングツーリングでは、そこが結構大事なのです。それに、20代の頃、伊豆スカイラインを走るDucati 900SSを憧れて見てた自分が乗るバイクはアメリカンよりこっちかなあというのもひとつ。乗り換えを考えた当初は900SSにしようかとも思いましたが、通勤・ツーリング用途がメインならMonsterの方がよさそうな気がして。2008年式の883から2004年式のMonsterへとやや年式は落ちましたが、下取りに出した883とほとんど等価交換みたいな感じでどこの財布も傷まずに乗り換えられました。

同じV型2気筒のバイクでも883とMonsterでは、当たり前ですが乗り味も大きく異なります。今はその違いをひとつひとつ確かめているところ。ラフな操作でもそれなりに走ってくれちゃう883に対して、Monsterのアクセル・クラッチ操作は相当シビア。久しぶりに坂道発進で緊張したり...。楽しいけれどすごく疲れます。まあいずれ馴れていくんでしょう。まだまだワインディングはおっかなびっくりです。早速太もものお尻に近いあたりが汗疹になりました(笑)。


Taiwan 2016 #1

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Taipei

5月の終わりと6月の初めに2週続けて行った台北にて。涼麺屋さんめぐりばかりしていましたが、レンタサイクル乗りながら写真も一応は撮ってました。30度を超える気温と高い湿度、正直なところ写欲は全然沸きませんでしたが、こういうシステムサイズがコンパクトなカメラだと邪魔にならず持ち出すのが億劫になりません。X-T1はGRよりはだいぶ大きいけれど、飯写真もうまそうに撮れるし、最近の旅の相棒になっています。写真は俺的にはいちばんオススメな涼麺屋さん、高家涼麺のところの交差点。美容院の軒先のようですね。涼麺では珍しく少し冷えた麺に濃厚なタレと辛みのあるにんにくが素晴らしくよく合います。ちなみに、看板娘のおねえさん、とてもかわいいです。


Taiwan 2016 #2

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Lungshan Temple, Taipei

台湾のお寺は派手ですよね。こちらは台湾最強とも言われるパワースポットらしい龍山寺。いつ行ってもほんとたくさんの人でごった返してます。思うに、日本人の平均的な信仰心よりも台湾の方々の信仰心は厚い気がします。ちなみに後ろの派手なビルもこのお寺の建物です。日本のお寺だとわびさび的な雰囲気が多いですが、台湾のお寺はこんなだったり電光掲示板ついてたりと、意外とハイテクが共存してますね。


Taiwan 2016 #3

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Taipei

龍山寺近くの剥皮寮歴史街区にて


Taiwan 2016 #4

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Sanxia

Taiwan 2016 #5

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Longfuyan Temple, Sanxia

再び龍山寺。カップルな方々もたくさんいますね。デートコースなんでしょうか。日本だと...浅草寺とか、そんな感じでしょうか。


Taiwan 2016 #6

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / New Taipei

台北市を囲むようにある新北市、台北市を出ると目にする光景ものんびりしてきます。写真は三峡へ向かうバスの中から。


Taiwan 2016 #7

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Longfuyan Temple, Sanxia

台北から汽車とバスを乗り継いで1時間ほど、日本が統治していた時代の建物が並ぶ三峡老街へ行きました。個人的にはその町並みよりも、老街入り口の脇にある、この三峡祖師廟がお目当てです。台北の龍山寺よりも見応えのある建物で、人も少なくゆっくりと写真が撮れます。


Taiwan 2016 #8

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Longfuyan Temple, Sanxia

Taiwan 2016 #9

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Longfuyan Temple, Sanxia

Taiwan 2016 #10

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.05 / Longfuyan Temple, Sanxia

これもカラーですが、こういうモノクロっぽい写真が好きですね、やっぱり。


Taiwan 2016 #11

FUJIFILM X-T1 + XF35mm F1.4 R
2016.06 / Longfuyan Temple, Sanxia