Gallery :: Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM




Tokyo #749

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.10 / Roppongi Hills, Roppongi

Tokyo #748

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.10 / Tsukiji Honganji Temple, Tsukiji

Tokyo #747

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.10 / Tsukiji Market, Tsukiji

Tokyo #746

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.10 / Tsukiji Market, Tsukiji

Tokyo #745

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.10 / Tsukiji Market, Tsukiji

Tokyo #744

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.10 / Tsukiji Market, Tsukiji

迫ってくる人に絞り開放でピントを合わせるのはとても難しい。


Tokyo #743

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.10 / Tsukiji Market, Tsukiji

Tokyo #742

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.10 / Tsukiji Market, Tsukiji

営業開始から83年となる築地市場が10月6日で営業終了となります。写真はその数日前の朝のもの。もう仲卸のエリアには入ることができず...残念。M10にマウントしたNokton 50mm F1.2 Aspherical VM、ちょうど最低感度(ISO 100)と最高速シャッター(1/4000秒)を組み合わせると、絞り開放でちょっとオーバーになる露出。


untitled #548

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.09 / Koenji

木曜日の発売日に入手したものの、週末香港でまったく触れず、今日ようやく手にすることができました。構成図を見る限り、先に発売された40mm F1.2とほぼ同じ描写傾向かと思ってたけど、意外とそうでもない。この50mm F1.2の方が癖が強く、40mm F1.2の方が優等生的にちゃんと写る印象。こりゃ、両方持っていたくなってきたぞ。40mm F1.2を出してから50mm F1.2を出すあたり、コシナも商売上手だな、と思ったりしましたが(逆の順番では40mmは売れない)、この売り方ってNokton classicの時もそうだったよな、と思い出す。40mm F1.4出してから35mm F1.4を出すという商法。コシナには頑張って欲しいのでまあいいけども、今回もまたはめられたのである。