Gallery :: Light and Shadow




Hong Kong 2019 #52

RICOH GR III (GR 18.3mm F2.8) / 2019.11.09 / Kowloon Bay, Hung Ham

Hong Kong 2019 #51

RICOH GR III (GR 18.3mm F2.8) / 2019.11.09 / Kowloon Bay

Hong Kong 2019 #44

RICOH GR III (GR 18.3mm F2.8) / 2019.11.09 / Causeway Bay

Hong Kong 2019 #43

RICOH GR III (GR 18.3mm F2.8) / 2019.11.09 / Causeway Bay

Hong Kong 2019 #40

RICOH GR III (GR 18.3mm F2.8) / 2019.11.09 / Central

短い滞在、できるだけ目立たぬようにとの考えもあり、持参した機材はGR IIIのみ。APS-Cセンサーにキレのいい単焦点レンズを組み合わせたカメラだけに、ストリートスナップを撮るにはこれ以上ない機材。発売日に入手してはみたものの、その後手に入れたRX1RM2の方がサブカメラとして出番が多かったこともあり、意外にも早く手放してしまいました。でも最近になって907xとの組み合わせは悪くないなあと、再びの入手を検討しています。M Monochromのようにカラーフィルターを廃したGR Monochromなんて出てきたらすぐ買ってしまうのだけど...そんなの出ないですよね。


Okinawa #138

SONY RX1R II (ZEISS T* Sonnar 35mm F2) / 2020.11 / Unten Port, Nakijin

Tokyo #897

Leica M10 Monochrom + Light Lens Lab V2LC 35mm F2
2020.11 / Jiyugaoka Station, Jiyugaoka

Tokyo #894

Leica M10 Monochrom + Light Lens Lab V2LC 35mm F2
2020.11 / Futako Tamagawa Station, Tamagawa

Tokyo #885

Hasselblad 907X 50C + Mount Adapter + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2020.11 / Harajuku

設計の新しい高性能なライカレンズは概ねイメージサークルが大きいようで、35mmではその真ん中だけを贅沢に使うことで高い性能を担保しているようですね。このSummilux50/1.4は、907xのフルフレームでも四隅が欠けるようですが、実写する限りでは十分に使えるように思います。35mmのフレーム外を見ると四隅の描写は甘くなるものの、フレーム次第で対処できますね。電子シャッターオンリーとなりますが、純正XCDレンズに比べ小さく、選択肢が多いのも嬉しいところです。


Yamagata #7

SONY RX1R II (ZEISS T* Sonnar 35mm F2) / 2020.02 / Sankyo Soko, Sakata

Nagasaki #10

Leica M10 + Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.10 / Tsushima Island

鰐浦漁港には独特の高床式の小屋が並んでいます。「鰐浦小屋群」と呼ばれていて、この写真の川の両端に写っているのがそれですが、Googleマップだとたくさん並んでいるのがより判りやすいかと。詳しくはこちらへ


untitled #619

SONY RX1R II (ZEISS T* Sonnar 35mm F2) / 2020.03 / Narita Airport

いつかの成田空港。


Tokyo #876

Hasselblad 907X 50C + XCD 21mm F4
2020.10 / Tokyo International Forum, Yurakucho

Tokyo #875

Hasselblad 907X 50C + Mount Adapter + Elmarit 28mm F2.8
2020.11 / Shinjuku

Tokyo #874

Hasselblad 907X 50C + Mount Adapter + Elmarit 28mm F2.8
2020.11 / Shinjuku

Tokyo #873

Hasselblad 907X 50C + Mount Adapter + Elmarit 28mm F2.8
2020.11 / Shinjuku

Hasselblad 907Xは、中判デジタルらしく50MPセンサーから出てくるキレと厚みのある画が文句なく素晴らしいものの、CMOSセンサーの読み出し速度があり得ないレベルで遅く、XCDレンズ以外ではデフォルトとなる電子シャッターでのローリングシャッター歪み現象が、これまで使ってきたどのカメラよりも酷いレベルです。画面の左右に歩く人を捉えれば、脚があり得ないほど長くなったり、もしくはあり得ない方向へ曲がってしまったり。あと、シャッターのタイムラグも結構長い。ローリングシャッター歪みに関しては、XCDレンズ使用はましにはなるものの、撮影後すぐにカメラを動かすと撮れた画が歪んでしまっていて「まだ露光中だったのか」と思ってしまうこともありました。このあたり、ちょっと馴れと諦めが必要です。


Tokyo #872

Hasselblad 907X 50C + Mount Adapter + Elmarit 28mm F2.8
2020.11 / Shinjuku

Tokyo #871

Hasselblad 907X 50C + Mount Adapter + Elmarit 28mm F2.8
2020.11 / Asagaya

Hasselblad 907XにライカMのレンズをマウントしてみる。まずはその見た目から上がるElmarit28 4thを。コンパクトなカメラボディにスリムなレンズ鏡胴、そして大柄なフードがいい感じです。44×33mmのセンサーをフルに使おうとするにはイメージサークルが足らないため、スクエアフォーマットで。昔使っていたフィルムボディのハッセルを思い出す撮影感覚...ただし、スクエアになるのは撮影時だけで、RAWもJPEGも記録はフルでされます。トリミングが面倒、せめてJPEGだけでもねえ。

背面液晶をチルトアップしてウエストレベルで撮影。モニターに拡大表示はできますが、広角レンズはピントが見にくいですね。それも含め、パンフォーカス気味にF8〜11ぐらに絞り込んで、硬質なイメージで。


Hokkaido #95

SONY RX1R II (ZEISS T* Sonnar 35mm F2) / 2020.10 / Kushiro Port

Hokkaido #94

SONY RX1R II (ZEISS T* Sonnar 35mm F2) / 2020.10 / Kushiro Port

釧路港。ちょうど釧路市長選挙の投票日でした。前夜は、対岸に見える選挙事務所から聞こえる「最後のお願い」で非常に騒がしかった(笑)。結果は現職4選とのこと(聞こえたのはちょうどそれでした)。