Gallery :: Hong Kong 2020




Hong Kong 2020 #19

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Hong Kong International Airport

Hong Kong 2020 #18

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Central

Hong Kong 2020 #17

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sheung Wan

Hong Kong 2020 #16

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sheung Wan

Hong Kong 2020 #15

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sheung Wan

Hong Kong 2020 #14

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sheung Wan

Hong Kong 2020 #13

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sheung Wan

Hong Kong 2020 #12

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sham Shui Po

Hong Kong 2020 #11

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sham Shui Po

Hong Kong 2020 #10

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sham Shui Po

Hong Kong 2020 #9

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sham Shui Po

Hong Kong 2020 #8

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Sham Shui Po

Hong Kong 2020 #7

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Yau Ma Tei

Hong Kong 2020 #6

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Causeway Bay

Hong Kong 2020 #5

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Causeway Bay

Hong Kong 2020 #4

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Central

APO-LANTHAR 50/2の写りはご覧の通り素晴らしいものでした。このレンズのライバルとして、おそらく多くの方がAPO-SUMMICRON 50/2を挙げるのではないかと思います。12万円と100万円、価格差は8倍以上となりますが、性能の高さはどちらも甲乙つけがたい。ただし味つけは少し異なり、APO-SUMMICRONの方は解像力が非常に高いレンズにありがちな、後ボケのざわついた感じが時折顔を出してきますが(たとえばこの写真)、APO-LANTHARはそこを上手に処理していて、キレのよさを残しながらもボケ味はどんな条件でも滑らかな印象です。また開放から1段(F2.8へ)絞るとボケが真円になる特殊な絞り羽根の形状により、口径食を完全に消すことも可能。コシナは普通に作るだけでは飽き足らず、面白いギミックをどこかに仕込んできて、我々ユーザーを楽しませてくれます。では、APO-SUMMICRONに8倍以上の価値はないのか?といえばそんなことはなく、猛烈な解像感やピント面の浮き上がるような演出は実に巧みで、APO-LANTHARよりも「凄み」のある写りを魅せてくれます(たとえばこの写真)。そこに価値を感じる人なら、8倍以上の価格差も100万円という価格も関係ないでしょう。そこが買って使ってみないとわからない、レンズというものの面白いところでもあると思います。


Hong Kong 2020 #3

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Wan Chai

Hong Kong 2020 #2

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Star Ferry Pier, Central

この香港旅行は滞在時間も短かったため、どの機材を持って行こうかと直前まで思い悩んでいましたが、前日になって新しく出たばかりのAPO-LANTHAR 50/2を入手。ボディ1台+レンズ1本で旅へ出ることにしました。旅を理由に渡航費や滞在費より高いレンズを買うのはどうかしていると自分でも思います、ほんとどうかしてる。Eマウントレンズといえば、Z7購入時にα9と一緒に手放してしまいましたが、Eマウントには魅力的なサードパーティー製レンズが多数出ているんですよね。一方でニコンZマウントはまだ厳しい状況で...。このレンズもE→Zのマウントアダプターを介して撮影しました。そのレンズの光学性能は、コシナが珍しくMTFを公開しただけあって、45MPのZ7の解像力にも耐えうる素晴らしいものでした。ソニーEマウントユーザーの方は買った方がいいレンズです。ソニー純正のSonnar 55/1.8ともまた違うキャラクターです。


Hong Kong 2020 #1

Nikon Z7 + Mount Adapter + Voigtlander 50mm F2 Aspherical
2020.01 / Kai Tak Cruise Terminal

民主化デモに揺れる香港。1月初旬の穏やかなタイミングを狙って週末に訪れました。実は4月にもエアを取っていましたが、その後の世界的な新型コロナウイルスの流行によって気軽には渡航できない状況になってしまいました。この数年は年に数回という頻度で香港を訪ねていましたが、しばらくは我慢するしかありません。写真は香港でお会いしたTJさんにお願いして啓徳空港跡地にある客船ターミナルへ連れて行っていただいた時のもの。横浜大桟橋のターミナルと比べても巨大な建物でしたが、3,390mもの滑走路の跡地に建てられただけあって、地図で見ると建っているのは半島の先っちょだけなんですね。