Gallery :: Voigtlander Ultra Wide-Heriar 12mm F5.6 Aspherical




untitled #486

Leica M Monochrom + Voigtlander Ultra Wide-Heriar 12mm F5.6 Aspherical
2017.05 / Higashi Urawa

この数年、35mmと50mmと75/85mmあたりの長いレンズばかり使ってきた反動か、超広角レンズが絶賛増殖中(数えてみれば今年に入って7〜8本?)。お陰で持ち出す機会も増え、超広角レンズが楽しくなってまいりました。写真は現行は3代目となったウルヘリの初代Lマウント版。こういうレンズは小さいのがいいと、程度のいい手頃なものを見つけたので購入。距離計非連動ですが、まあ目測ですから問題ありません。小さく軽く、ブラックペイントの塗装がかっこいいです(写真と関係がない)。ファインダーだけは付属品が大きすぎるので、現行用のがほしいなあと物色中。EVFの方が正確なフレーミングはできますが、こういうレンズは撮る勢いこそ大事かなあと思ったり。