Gallery :: Bangkok 2019




Bangkok 2019 #18

SONY Cyber-shot DSC-RX0 (ZEISS Tessar T* 7.7mm F4) / 2019.02 / Bangkok

バンコクの市場にて。

SONY RX0、発売日に購入し、ムービーカメラとしてもスチルカメラとしても微妙な位置づけに当初はモヤモヤしてましたが、最近はスチル用として、旅のサブカメラにとても重宝しています。

寄れないことと1/8秒以下のスローシャッターがないところが厳しいものの、歪みがなく写真として成立する写りと、キビキビした動作はこのサイズでは凄いと思います。でも、もうすぐ新しいのが出ちゃうんですね...


Bangkok 2019 #19

SONY Cyber-shot DSC-RX0 (ZEISS Tessar T* 7.7mm F4) / 2019.02 / Bangkok

Bangkok 2019 #17

Leica M10 + Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok

ワット・アルンから渡し船でワット・ポーへ。乗船前、強い陽射しと蒸し暑さにオーバーヒート。しばらく水飲んで日陰で大人しくしてました。


Bangkok 2019 #16

Leica M10 + Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Wat Arun, Bangkok

Bangkok 2019 #15

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Wat Arun, Bangkok

Ultron35/2は相当にキレのいいレンズでした。現行ライカMマウントレンズ(35/2クラス)の中でも傑出しているのではないかと思います。その反面、ボケは少々硬く煩い傾向。最近の解像力重視の非球面レンズらしい設計といえるのではないでしょうか。


Bangkok 2019 #14

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Wat Arun, Bangkok

Bangkok 2019 #13

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Wat Arun, Bangkok

Bangkok 2019 #12

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Wat Hua Lamphong, Bangkok

Bangkok 2019 #11

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok

Bangkok 2019 #10

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok

Bangkok 2019 #9

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok

旧市街プレーン・プートン通りあたりで見かけた猫ちゃん。


Bangkok 2019 #8

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok

Bangkok 2019 #7

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok

Bangkok 2019 #6

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok Station, Bangkok

Bangkok 2019 #5

Leica M10 +Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok Station, Bangkok

今回のバンコクへの旅へは、M10+Ultron35/2とRX0という組み合わせ。Ultron35/2は発売日にうっかり入手したものの(予約してたな)、なかなか使う時間がなく、いきなりの実戦投入。とはいえ、使い慣れた35mmの画角1本で写真を撮るのは、余計なことを考えなくていいのがよい。F2の明るさも十分、そしてコンパクト。

Vintage Lineとのことで少々派手な見た目ではありますが、Summilux35 1stのOLLUX風のラッパ型フードもよい感じです。ってこれ、今はなきColor-Skopar50/2.5Sonnar40/2.8HFT用フードの焼き直しなので、どちらも持ってる手前、同じ形状のフードが我が家にも2個はあるはず。UltronではMマウント化されてバヨネット式になりました。


Bangkok 2019 #4

Leica M10 + Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok Station, Bangkok

Bangkok 2019 #3

Leica M10 + Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Bangkok Station, Bangkok

知らない街では大きな駅の近くに宿を取るってことで、バンコクではフワランポーン駅(バンコク駅)から徒歩数分のホテルを取りました。ヨーロッパの駅を思わせるくし形の低いプラットホーム。改札はなく出入りは自由です。のんびりした運行間隔や構内の雰囲気も合わせて旅情をかき立ててくれているような気がします。


Bangkok 2019 #2

Leica M10 + Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Khaosan Road, Bangkok

トゥクトゥクよいですね。バイクより乗り心地がよく、タクシーより小回りが効く。ただPM2.5注意報が出てるとかで、バンコクの街中変なにおい(科学的なにおい?)がしてたので、それに加えて排気ガスのダブルパンチは喘息気味な私にはちょっとキツかったです。マスクしてる人は日本で見かけるマスクより相当しっかりしたものをつけてました。


Bangkok 2019 #1

Leica M10 + Voigtlander Ultron 35mm F2 Aspherical VM
2019.02 / Wat Pho, Bangkok

2月の頭に滞在48時間というタイトなスケジュールでバンコクへ入ってきました。行く気になれば週末弾丸で行けなくはないけども、片道7時間のフライトは少々きつい(苦笑)。辿り着いたバンコクは、訪れるにはおすすめらしい乾季ということで、PM2.5で空気はよくなかったものの、おおむね晴天で十分に暑かった。特に東京がいちばん寒い時期だけあって、ひと桁から30度台へのワープは身体にきました。暑さに少々バテましたが、2日で30kmほど歩いて、うまいもの食べて、マッサージ行って帰ってきました。次はできることなら72時間くらい滞在したい。