Gallery :: Photograph





Tokyo #742

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.10 / Tsukiji Market, Tsukiji

営業開始から83年となる築地市場が10月6日で営業終了となります。写真はその数日前の朝のもの。もう仲卸のエリアには入ることができず...残念。M10にマウントしたNokton 50mm F1.2 Aspherical VM、ちょうど最低感度(ISO 100)と最高速シャッター(1/4000秒)を組み合わせると、絞り開放でちょっとオーバーになる露出。


Yamanashi #43

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.08 / Suntory Hakushu Distillery, Hokuto

Yamanashi #42

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.08 / Suntory Hakushu Distillery, Hokuto

歴史ある山﨑や余市の蒸溜所に比べれば近代的な白州蒸溜所(宮城峡もこんな感じですね)。貯蔵庫も近代的で超立体的に。とはいえ、ズラリとならんだ樽を眺め、寝かせないと価値も味も高まらず、しかも寝かすと量が減り、作っても売れるのは早くても10年以上後...なんてことを考えていると、ウイスキー作りのお金と時間のかかり具合に気が遠くなるのでした。

で、今ではなく先の世代のことを考えて...というところで沖縄本島・備瀬のフクギ並木のことを思い出した次第。あっちは300年。


Yamanashi #41

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.08 / Suntory Hakushu Distillery, Hokuto

大雑把に言えば、麦芽と水を混ぜた麦汁を発酵させるとビール、それを蒸留すると焼酎、もう一度蒸留させるとウイスキー。なんだかおもしろい。写真はその麦汁を発酵させてる大きな樽。背後には数日前に新しくしたばかりの樽もありました。


Yamanashi #40

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.08 / Suntory Hakushu Distillery, Hokuto

8月に山梨の白州蒸溜所へ。感動度は山﨑蒸溜所だけど、ここの森の中にある感じもいいですね。見学コースの最後に飲んだ白州のハイボールはとてもうまかった(白州は山﨑と違って割って飲むのがいいと思う)。売店には白州を含め相変わらず国産ウイスキーの在庫はなく、買えたのは山﨑12年のミニボトルのみ(それも抱き合わせ、なぜだ?)。


Tokyo #741

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.09 / Roppongi Hills, Roppongi

Tokyo #740

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.09 / Hiroo

Tokyo #739

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.09 / Aoyama

都会にもある緑。不思議と緑の写真を撮っていると、心が落ち着く気がします。写真を撮るには光がある方がいいけれど、晴れた日は晴れた日なりの写真を、曇りの日には曇りの写真を。


untitled #553

Leica M10 + Voigtlander Nokton 40mm F1.2 Aspherical VM
2018.08 / Senboku, Akita

田沢湖から盛岡へ帰る途中、なんとなく車を停めて写した1枚。昔は縦位置写真ばかりだったような気がしてますが、最近は縦位置写真を撮ることがが少なくなりました。


untitled #552

Leica M10 + Voigtlander Nokton 40mm F1.2 Aspherical VM
2018.08 / Tazawako Lake - Senboku, Akita

鶴の湯からの帰り、田沢湖畔の土産物屋の軒先でみそたんぽをいただく。半つきのお米で、味噌焼きおにぎりより好きです。


untitled #551

Leica M10 + Voigtlander Nokton 40mm F1.2 Aspherical VM
2018.08 / "Tsurunoyu" Nyuto Onsenkyo - Senboku, Akita

untitled #550

Leica M10 + Voigtlander Nokton 40mm F1.2 Aspherical VM
2018.08 / "Tsurunoyu" Nyuto Onsenkyo - Senboku, Akita

untitled #549

Leica M10 + Voigtlander Nokton 40mm F1.2 Aspherical VM
2018.08 / "Tsurunoyu" Nyuto Onsenkyo - Senboku, Akita

こちらは40mm F1.2の方のノクトン。ボケはこちらの方がよくコントロールされているように思う。お盆休みに行った乳頭温泉郷の鶴の湯での湯上がりに。


Iwate #32

Leica M10 + Voigtlander Nokton 40mm F1.2 Aspherical VM
2018.08 / Shoko - Mikodacho, Morioka

盛岡へ帰省すると必ず立ち寄る神子田(みこだ)の朝市。この夏も早起きして行きました。ひっつみに、うす焼きに、滝沢すいかにお墓参りのお花にと、手頃で地産のいいものをご購入。市販より手頃とはいえ、ついつい財布の紐が緩んでしまいます。


untitled #548

Leica M10 + Voigtlander Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM
2018.09 / Koenji

木曜日の発売日に入手したものの、週末香港でまったく触れず、今日ようやく手にすることができました。構成図を見る限り、先に発売された40mm F1.2とほぼ同じ描写傾向かと思ってたけど、意外とそうでもない。この50mm F1.2の方が癖が強く、40mm F1.2の方が優等生的にちゃんと写る印象。こりゃ、両方持っていたくなってきたぞ。40mm F1.2を出してから50mm F1.2を出すあたり、コシナも商売上手だな、と思ったりしましたが(逆の順番では40mmは売れない)、この売り方ってNokton classicの時もそうだったよな、と思い出す。40mm F1.4出してから35mm F1.4を出すという商法。コシナには頑張って欲しいのでまあいいけども、今回もまたはめられたのである。


untitled #547

Leica M10 + Summicron 35mm F2
2018.09 / Higashi-Urawa Station

行儀がいいのか悪いのか。でも、なんか青春してていいですね。


roppongi #50

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.09 / Roppongi Hilles

roppongi #49

Leica M10 + Konica M-Hexanon 50mm F1.2 Limited
2018.08 / Roppongi Hills

roppongi #48

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.09 / Roppongi Hilles

roppongi #47

Leica M10 + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2018.09 / Roppongi Hilles