Gallery :: Leica M Monochrom (Typ246) + M/L Mount Lens




Tomioka #22

Leica M Monochrom + Carl Zeiss Hologon 16mm F8
2017.06.10 / Tomioka

今日、震災以来不通となっていた常磐線の富岡駅が営業を再開しました。これまでに4回、この地を訪ねることになったきっかけは、このツイート

一般人が立ち入れるようになった約40日後の2013年の5月に初めて訪れました。翌2014年の1月に訪れた時も同様に、津波による瓦礫が撤去されている以外、ひっくり返った車も壊れたままの駅舎もそのまま。町に人の姿はなく、国道を10km以上南下しないとガソリンスタンドやコンビニすら営業していない状況でした。さらに1年後の2015年4月に訪れた時は、放置されていた車や駅舎が撤去されていて、国道のガソリンスタンドも営業を再開。少しずつ人の営みが戻ってきているようでした。一方で駅の海側には膨大な量の除染した土が積み上げられていました。それからさらに2年後の2017年6月に訪れた時には、新駅舎が建設中で駅の場所も北側へ少し移動、大きなロータリーができていたかわりに駅前で廃墟となっていた建物はすべてなくなっていました。国道6号も不通区間がなくなり交通量も増加、営業を再開した店舗も以前と比べてずいぶんと増えていました。

ニュースによれば富岡町で生活する人は先月末の時点で304人。住民票がある人の2.2%だそう。震災から6年半という時間は長く、すべての人が元の生活へ戻れるわけではありませんが、鉄道の再開により、この町へ多くの人が戻ってくることを願っています。また時期をみて訪れてみたいと思います。


Hong Kong 2017 #27

Leica M Monochrom + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2017.09 / Quarry Bay

Hong Kong 2017 #26

Leica M Monochrom + Summilux 50mm F1.4
2017.09 / Causeway Bay

Hong Kong 2017 #25

Leica M Monochrom + Tri-Elmar 28-35-50mm F4 ASPH.
2017.09 / Yau Ma Tei

Hong Kong 2017 #24

Leica M Monochrom + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2017.09 / Hong Kong

年式が新しいものを除けばエアコンのない香港のトラム。でも、窓開けてれば意外と風が入って涼しいんですよね。とはいえ、急なスコールで窓を全閉にすると暑いこと熱いこと。この写真を撮ったあと、耐えきれず途中下車。


Hong Kong 2017 #23

Leica M Monochrom + Summilux 50mm F1.4 ASPH.
2017.09 / North Point Terminus, North Point

untitled #507

Leica M Monochrom + Elmar 3.5cm F3.5
2017.09 / Yoshiwara Station, Gakunan Railway Line - Fuji, Shizuoka

Tokyo #722

Leica M Monochrom + Carl Zeiss T* Distagon 18mm F4 ZM
2017.07 / Shinonome

roppongi #23

Leica M Monochrom + DJ-Optics 7artisans 50mm F1.1
2017.07 / Roppongi Hills

roppongi #22

Leica M Monochrom + DJ-Optics 7artisans 50mm F1.1
2017.07 / Roppongi Hills

最近、六本木ヒルズの展望台「TOKYO CITY VIEW」の年間パスポートを買いました。税込み6,00円とお高くはあるんですが、普通なら1,800円の展望フロアに加えて、追加で500円となる屋上の展望デッキも自由に入れて、おまけに22時までやってる森アート美術館も入場できちゃうとのことで、2〜3度行けば元が取れちゃう感じです。天気がどうであろうと気軽に行けるのがいい。
年パスを取ってから2度ほど展望デッキで日没を見ました。これがなかなかよい。機会があればみなさんもぜひ。この暑い時期だと日中とはいえあまりお客さんは少なく、日没近くになると増えてくる感じです(こんな季節でも長い時間風に吹かれていると、日没後は身体が冷えて寒くなります)。
» インスタの写真


roppongi #21

Leica M Monochrom + DJ-Optics 7artisans 50mm F1.1
2017.07 / Roppongi Hills

roppongi #20

Leica M Monochrom + DJ-Optics 7artisans 50mm F1.1
2017.07 / Roppongi Hills

「七工匠」で"7artisans"だそうです。深圳から届きました中華レンズ、なんと50mm F1.1。手にしてみるとガラスが詰まったずっしりとした重量感。とはいえ、コンパクトに見えるのと同じように、NoctiluxやNoktonあたりと比べてもだいぶ軽く感じます。質感も3万円台というお値段からすれば十分なもの。少なくとも(値段は更に安いけども)ロシアレンズよりはずっといい感じ。

レンズは6群7枚、構成はゾナー型のようで、F1.1の開放はホワホワしてますが、1段絞るとなかなかよい感じ。2段絞ればキリッとしてきます(ただし絞りにクリックがない)。Mマウントで6bitコードつき。距離計に連動しますが、傾斜カムなので相性はあるかも。またピントをねじで調整する機能がついてます(手順を説明するマニュアルつき)。

今時のレンズとしては樽型の歪曲がなかなかひどいんですが(このカットでは現像時に少し修正してます)、ズミクロン50とかよく写るいいレンズを持った上でこういうお遊びレンズを買うなら十分楽しめるレンズではないかと思います。


Hong Kong 2017 #13

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Lei Yue Mun

Hong Kong 2017 #12

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Lei Yue Mun

Hong Kong 2017 #11

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Lamma Island

Hong Kong 2017 #10

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Lamma Island

Hong Kong 2017 #9

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Lamma Island

Hong Kong 2017 #8

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Victoria Harbour - Star Ferry, Tsim Sha Tsui

Hong Kong 2017 #7

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Central

Hong Kong 2017 #6

Leica M Monochrom + Summaron 28mm F5.6
2017.05 / Central